ED治療薬のオリジナルとコピー

ED治療薬にはファイザー社が開発したバイアグラ、バイエル社が開発したレビトラ、イーライリリー社が開発したシアリスが存在します。
いずれも含有している有用成分に違いはあるものの、同じ作用を持ち、勃起不全を解消します。
上記の3つが世界で認可されているED治療薬ですが、実はこの3つ以外にもED治療薬は複数存在しているのです。
例えば、そのひとつにバリフがありますが、これはレビトラのジェネリック医薬品として知られています。
ジェネリック医薬品とは、新薬になぞらえて製造された後発医薬品のことです。
ここでいう新薬とはレビトラのことで、いわゆるオリジナルですね。
そして、バリフがジェネリック医薬品のことで、いわゆるコピーとなります。
ただ、異なる製造過程や異なる添加物を配合していることで、まったく同じということはできないのですが、バリフはレビトラの有用成分であるバルデナフィルを含有しているため、基本的な効果という意味では同じものを得ることができるでしょう。
バルデナフィルの特徴としては、食事の影響を受けにくいということ、そして水に溶けやすい性質を持つため即効性が期待できるという点です。
つまり、同じ成分を含有するバリフも同様に、食事の影響を受けにくく即効性に優れたED治療薬ということになります。
このように同じ効果を得ることができるのですが、コピーがオリジナルを超える利点があります。
それは薬価の安さです。
新薬ではどうしても開発に費用がかかってしまい、その金額は一概ではないものの約500億円かかるとされています。
この費用を回収するため新薬の薬価はどうしても高めになってしまうのですが、ジェネリック医薬品は新薬をなぞらえるため開発費用は数千万円程度に納めることができます。
よって、オリジナルよりもコピーの方が安く市場におろすことができるというわけです。
そのため、レビトラの代わりにバリフを愛用する人は少なくありません。
ちなみに、ジェネリック医薬品自体は先進国なら製造可能な技術をもっているのですが、現存するED治療薬のジェネリック医薬品は全てインド製となっています。
というのも、医薬品特許の制限により、本来はED治療薬のジェネリック医薬品は存在しないことになっているためです。
新薬にはその開発権利を守るため、20年~25年の医薬品特許がかけられています。
この特許が切れれば、他メーカーが新薬と同等の成分と製造を真似てジェネリック医薬品を製造することが可能となります。
しかしインドにおいては世界とは異なる医薬品特許が設けられており、特許期間中の新薬でも製造工程を真似なければ、同様の成分で医薬品を製造してもいいことになっているのです。
ED治療薬新薬の特許は持続中ですが、上記の理由からインドにおいてはコピーが作られるようになりました。
いずれは日本でも国内で製造されたジェネリック医薬品が誕生しますが、それまではインド製のジェネリック医薬品を服用することになるでしょう。

優れたメリットを数多く持つ、レビトラジェネリックのバリフ

亜鉛成分や高麗人参エキス等が含まれたサプリメントを使って、男性機能の回復を図ろうと努力する男性ユーザーがいます。
男性にとって健全な勃起力は不可欠な存在です。
サプリメントもまた効果的な対策案の1つであり、それによって快適な暮らしに、改善出来たと話す利用者も珍しくありません。
ただ、市販されている男性向けのサプリメント製品はやや高値です。
仮にまとめ買いしてもコストが掛かり、正直言って庶民のお財布にはキツイ面があります。
亜鉛や高麗人参エキスも男のナイトライフにとって大事な存在ですが、コストパフォーマンスが良くないと、使い続けられません。
そこで代替案として思案したいのが、バリフなどのジェネリック薬です。
安価なED治療薬であれば、比較的維持コストが安く、快適に普段のライフスタイルに取り入れられます。
先発薬はサプリメント同等にやや高値で並べられていますが、ジェネリック薬ならば、オリジナルに比べて半額から最大で10分の1以下になります。
バイアグラ、シアリスに続き今ではレビトラにもバリフという弟分が出来ました。
お買い得なED治療薬ならば、サプリメントの代わりを立派に務めてくれるでしょう。
ただ特別な製品という事もあってか、入手先は未だに限定的です。
市販薬が数多く並んでいるドラッグストアや薬局では基本的に手に入りません。
海外製医薬品を入手したいなら、ネットブックやスマートフォンを起動させ、お薬を扱っている個人輸入代行HPにアクセスしましょう。
そこには多種多様なジェネリック薬が掲載されています。
商品在庫があれば迅速にそれを取り寄せられます。
医薬品の注文に関してですが、いわゆる普通の会社員、フリーターの男性でも、原則として難なく欲しい品物を依頼出来ます。
ただしあくまで個人輸入代行サービスなので、一度にまとめ買いをしたり、大量に品物を取り寄せる事は難しいでしょう。
目安として30日分の量が限度になります。
バリフの場合だと、20錠から30錠が一度に頼める量です。
ED治療薬の多くがお酒と脂っこい料理を苦手にしています。
しかしレビトラジェネリックであるバリフは、そういったモノに左右されません。
食後に服用しても効果が失われる心配は無く、時差が生まれる程度になります。
お酒に弱い弱いと言われるED治療薬ですが、キチンと医薬品の系統を事前に見定めておけば大丈夫です。
もちろん禁酒と食前を守った方がお薬の効果は高まりますが、バリフの場合、いたずらに神経質になる必要がなく、あまり効果に差が現れません。
とりあえず性行為を始める1時間前に服用しておけば問題無しです。
お酒や脂っこい料理が胃の中にあっても、少々ペニスの勃起支援が遅くなる程度、1時間から90分も経過すれば、問題なく元気なアソコが体験出来ます。
またレビトラジェネリックはバイアグラジェネリックよりも、持続力に定評があります。
個人差が一定程度あるものの、レビトラ系統のお薬は服用後、5時間から6時間位、勃起持続のメリットが受けられます。

他系統の医薬品よりも、レビトラジェネリックであるバリフは使いやすい

性行為途中に発生する「中折れ」は男性にとって、非常に恥ずかしい状態です。
そのままでは性行為が途中で終わってしまいます。
一度大幅に萎えてしまったペニスは、なかなか自力では元気になりません。
恋人や奥様の手を借りる必要があり、勃起までに数十分から1時間程度、掛かります。
その様子はオトコとして情けない姿です。

性行為途中のイライラや不安感、緊張などが引き金となって、ペニスの中折れは突如発生します。
事前になかなか対策を講じられないのが難点です。
性行為の最中に、頻繁に中折れが発生するならば、ED治療薬の使用を一度、ポジティブに考えてみましょう。
今ではお手頃なコストで入手出来る、インド製ジェネリック薬も用意されています。
タブレットやデスクトップPCで利用出来る、お薬の個人輸入代行HPが便利です。

個人輸入代行HPには欧米企業が製造するED治療薬が充実しています。
また最近では、その後発薬も豊富に掲載され始めていて、レビトラジェネリックとして評判の良いバリフ等がページに並んでいます。
バイアグラやシアリスといったED治療薬も大変魅力的で評価の高い製品ですが、双方ともにデメリットを持っています。
バイアグラ系統のお薬は、お酒成分や食事に弱い面があります。
即効性が強いものの日常的に使いにくい部分が目立ちます。
シアリスは抜群の持続力を誇る一方で即効性が弱く、服用後3時間から4時間の待ち時間を必要とします。
その一方で、他系統の医薬品に見られるデメリットを見事に克服したのが、レビトラ系統の商品です。
レビトラジェネリックであるバリフは、食事やお酒成分に強く、その上スピード感がある製品になります。
バイアグラ同様に即効型の治療薬として高い評判を集めています。
服用後、素早くナイトライフに移れるのがバリフの魅力で、お薬を胃に届けてから、およそ15分、20分頃から作用が始まります。
平均でも30分程度でお薬が消化・吸収され、男性機能の支援がスタートします。

遅い方々でも、まず1時間以内にレビトラジェネリックの効用は働くので、じっくりと発現を待っていれば大丈夫です。
バイアグラジェネリックもリーズナブルで即効性が強い製品ですが、やや副作用が強め、というデメリットを持っています。
動悸やめまい、偏頭痛や筋肉痛が現れるため、外出先や旅先での服用が難しいです。
その点、レビトラジェネリックであるバリフならば、副作用のリスクが軽めになります。
服用によって生じる動悸やめまいがとても軽度なので、安心して使えます。
バリフ服用によって、服用を感じる方々自体、少数派という意見も多く、優れたジェネリック薬として利用者の間で話題になっています。
またED治療薬全般に言える事ですが、副作用の症状である動悸やめまい、偏頭痛などはどうしてもお薬のメリット発動に必要なものです。
勃起持続のメリットと副作用の症状はコインの裏表に関係になりますので、ある程度の難点は許容し、メリットの方に意識を持って行きましょう。

使い勝手が良いバリフ

レビトラジェネリックであるバリフはとても評判が良い商品です。
国内からでもお薬の個人輸入代行HPを使う事で、迅速に入手出来ます。
レビトラ系統の医薬品は「食事に強い利点」と「即効型が高い特長」を持っています。
その二点を同時に併せ持った商品は世界的に見ても、かなりレアです。
大抵の場合、その一方しか持っていません。
ところがレビトラ系統のバリフ等は、非常にリーズナブルなお値段にもかかわらず、素早い効き目と食事への強さを持っているため、様々なシーンで手軽に使えます。
レビトラ系統の医薬品は服用後、みるみるうちに作用が身体に現れます。

相談しよう

valif178

医薬品の事を良く知ってから服用しましょう

まずは医師にご相談ください。

個人差について

数値に置き換えると、約15分から20分といった段階で、勃起支援の効果が生じます。
やや個人差が見られるものの、それでも50分から60分も経過すれば、勃起持続のメリットがキチンと男性の下半身に現れるので大丈夫です。
また空腹時に服用しておけば、その待機時間を短縮出来ます。
どうしても素早く性行為に移りたい方々は、お腹が減っている時に服用しておきましょう。

医薬品としてのピークは、服用後1時間後になります。
その時間帯に合わせて、ペッティングやシャワー等を済ませておけば完璧です。
焦る必要はありませんが、60分から90分という期間を目安に、スケジュールを組んで行動した方が、ED治療薬のメリットを最大限引き出せます。
医薬品を服用した後は、出来る限り仕事や運動、外出は控えましょう。

レビトラジェネリックはとても副作用が軽度、あるいは殆ど生じないお薬ですが、それでも頭痛や身体のほてりといった症状が現れるリスクがあります。
万が一に備えて激しい運動や複雑な作業は事前に終わらせた方が無難です。
また男子の体質によっては、ED治療薬の服用によって、物の見え方が変化するケースがあります。
視野の変化、色の感じ方等が変わる症状もあるので、マイカーやバイク、自転車の運転等も、可能な限り回避した方が賢明でしょう。
副作用は確かに面倒な症状です。
しかし、レビトラ系統のお薬の場合、それが非常に緩やかに生じる上、少し安静を保っていれば徐々に症状が和らいでいきます。
リスクを正しく理解し、無闇に恐れない事が大事になります。

バリフは同じジェネリック薬の中でも比較的リーズナブルな商品です。
個人輸入代行HPによって実際の値段は変化しますが、どのサイトでも基本的に10分の1前後の価格で掲載されています。
ジェネリック薬はコストに悩む男性の強い味方です。 

先発薬と比較した場合、製品名称、製造企業、本社所在地に違いが見られるものの、ED治療薬としての効果や持続力は全く同等になっています。
ブランド力や知名度を優先するのも大事ですが、コストパフォーマンスを重視したい方々は使い勝手の良いバリフを検討しましょう。
近頃では大抵の個人輸入代行HPに掲載されています。
ネットショッピング同様にメールアドレスや自分用のクレジットカード等があれば、スムーズに品物を取り寄せられます。

効果と副作用について

当サイトは体験談を元に配信していますが、科学的目線で配信しているサイトをご覧になったいたほうがいいでしょう⇒バリフの効果
こちらのサイトは有名なサイトで、バリフについては日本一詳しく書かれていると思います。
参考にしておくとよいでしょう。

元気な下半身を取り戻したいなら、レビトラのジェネリックのバリフ

元気にそそり立つペニスは正に男性の象徴であり、プライドを示す存在です。
普段はあまり意識しない部分ですが、加齢やストレスによって男性機能が低下すると、一気にそれが気になる部分になります。
性行為の失敗が増えて来たら、それは重大なサインかもしれません。
途中で萎えるペニスは重要な警告であり、下半身からのメッセージです。
最近どうも挿入や勃起に手間取る、と感じる男性は一度ペニスの硬さや持久力を、点検してみましょう。
健康的なペニスは簡単には萎えません。
また表面の硬さも充実していて、新鮮なナシやリンゴ程度の固さを保っています。
あまりにもフニャフニャしたペニスでは安心して女性のカラダに挿れられません。
加齢や体調の変化、ストレスによる影響など、そういった理由が複合的に絡み合い、男性機能の低下を招いている場合があります。
減退した勃起力を回復させたいなら、特別な手段を講じましょう。
今では幸い国内からでも、様々な男性向け医薬品を取り寄せられます。
ネット検索を行えば、専用の輸入代行サイトが発見出来ます。
食品や日用品のようにまとめ買いこそ出来ませんが、海外製医薬品を迅速に調達する事が出来ます。
今ではレビトラのジェネリック薬であるバリフなどを店頭に掲載する輸入代行サイトもあり、幅広いブランドの中から欲しい製品を選べます。
ルールによって一度に注文出来る量には限りがあります。
バリフの場合だと一日1錠が限度となっていて、その一ヶ月分が最大量になります。
つまり25錠から30錠が最大量と認識しておけば、良いでしょう。
海外製ジェネリック薬を取り寄せる時は、利用するHPを正しく選びたいところです。
信頼性が低いHPの中には、偽物や粗悪品を販売するサイトが存在します。
ほとんどの輸入代行HPが誠実なビジネスを営んでいる一方で、一部に怪しいホームページがあります。
「医薬品に関する説明文が空白になっている、クレジットカードが使えない、日本語や画像データに、不自然な部分が多い」といった特徴が多ければ、少し利用を避けたほうが賢明です。
出来ればネット上で名前の通った個人輸入代行HPを使いましょう。
レビトラジェネリックとして豊富な実績を持つバリフですが、即効性の強さにも定評があります。
バイアグラ同様にスピード感がある製品で、服用後15分から20分で効果が現れます。
医薬品の作用ピークは飲み込んでから1時間後になりますので、待ち時間を感じる事なく、ドンドン性行為に進められます。
ピークを越える前に、ペッティングやスキンシップを上手く終わらせておけば、よりスピーディーに女性の体に充実したペニスを挿れます。
男性機能がバリフによって高まっていれば、ペニスに固さや持久力が蘇ります。
適度な固さが保たれれば、途中でペニスが抜けたり、萎える心配は無くなります。
またバリフには勃起持続を支援するメリットもあるので、男性側のモチベーションによっては効用時間である5時間の間に、複数回、満足行く射精を味わえるでしょう。

レビトラと同じ効果を得るならバリフ

レビトラは有用成分バルデナフィルを使用したED治療薬です。
陰茎の海綿体に働きかけて血流を促進することで勃起を促します。
ただ、性的刺激を与えることで作用するため、服薬すれば自然に勃起するというものではありません。
成分効果が持続している間でも射精してしまえば、勃起を抑える成分が体内から分泌されて勃起は収まります。

興奮剤の類ではない、れっきとした医薬品ですので用法用量・注意事項を守って服薬してください。
有用成分であるバルデナフィルの特徴としては、水に溶けやすい性質を持っているので即効性があるという点でしょう。
発現の時間が遅いと性行為を始めるタイミングに困ってしまいます。
場合によってはパートナーの協力がなくては服薬できないなんてことにもなるため、ED治療薬を服薬しているということを隠したい人にとってはストレスですよね。
レビトラは食前の服用なら早くて15分、食後の服用でも30分~1時間を目安に発現するとされています。

食事の影響に関係なく服薬できるので、タイミングを選ばずスムーズに性行為に移ることができるでしょう。
最近はEDからセックスレスになる夫婦が増加しています。
結婚関係というのは、どのような状態でも続けることはできますが、それでもセックスありきの夫婦とセックスなしの夫婦では愛情も変わってきてしまうものです。
EDは男性にとっては威厳に関わることなので内緒にしておきたいですが、妻が不満に思う前にED治療薬で改善できるいい時代になりました。
一人で悩む前に活用してみましょう。
ただし、レビトラは1錠あたりの価格が高いというのがネックで、継続的に利用するには経済的な負担が大きすぎます。
そこでレビトラの代わりに利用されているのがバリフです。

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。
有用成分はレビトラと同じバルデナフィルですので、基本的な効果は同じものが得られるでしょう。
また、用法用量・注意事項も基本はレビトラと同じです。
1日1錠の服用、次回の服用には24時間以上あけないといけません。
これはED治療薬全般に言えることですが、副作用としては頭痛とほてりが多く見られます。
一般的な症状ですので、強く作用が出ない限りは気にすることもないでしょう。
効果が切れてくれば副作用も収まります。

また、血管拡張作用を持つため循環器官に異常がある方の服用は禁止、さらに併用してはいけない医薬品もあるため注意しなくてはなりません。
購入はインターネットから可能ですが、身体的に不安がある方は医師の診察を受けてから服用を決めたほうがいいでしょう。
レビトラの服薬ができる人ならバリフも服薬可能といえます。
さて、気になる薬価ですが、1錠あたり150円前後で購入できるので継続的に服薬しても経済負担を感じることはありません。

レビトラの価格と比較すると半額~7分の1程度の価格で入手できるのでかなりお得ですね。
レビトラの効果を安く感じたいという方にはバリフはおすすめです。

バリフは持続力と即効性に優れた海外製ED治療薬

性行為は決して不潔なものではありません。
ヒトとして大切な生殖行為であり、同時に男女間のコミュニケーションになります。
ナイトライフが充実しているカップルは喧嘩別れするリスクが低く、円満な関係が維持されています。
ヒトもまた生き物です。

精神的な繋がりだけではなく肉体関係で結びついている方が絆は深くなります。
その一方で近年懸念されているのが、カップル間や夫婦間のセックスレスです。
その具体的な原因として挙げられるのが男性側の機能低下であり、勃起不全を抱える男性の増加が心配されています。

少子化問題に次いで男女間のセックスレスが今、大きな社会問題と化しています。
男側にその原因がある場合も多く、出来れば海外製のED治療薬などで、早めに対策を講じておきたいところです。
円満な関係を維持したいなら、定期的に性行為を行いましょう。
どうしても勃起や性行為に手間取るならば、恥ずかしからずにED治療薬のお世話になれば良いだけです。
最近では数多くの個人輸入代行サービスが用意されていて、それぞれがお得な価格でED治療薬を並べています。

バリフなどのジェネリック薬を充実させるサービスも存在します。
同じお薬の個人輸入代行HPでも店舗ごとに個性やメリットが違います。
出来れば複数のHPを比較し、自分の需要に適合したところからED治療薬を、取り寄せましょう。
ちなみに昨今ネットユーザーで話題になっているのが、レビトラ系統で、バリフと呼ばれる品物です。
この系統のお薬は、食事やアルコールに強いという特長を持っています。
更に効果の発現が早く、素早くベッドイン出来ます。
服用後、15分から60分の間に作用が現れるので、性行為を始める前に、1回分を飲むだけで迅速に勃起を助けてもらえます。
食後や飲酒後に服用出来るため、あれこれとスケジュールを調整せずに済む、といった利便性も魅力です。
即効性が強い製品にもかかわらず、効果が約3時間から4時間、男性によっては最大6時間程度継続します。

便利な錠剤タイプなのでサプリメントケースに入れておけば、色々な場所に持ち運べます。
1回1錠なので、荷物になる心配は要りません。
またお水といっしょにカラダに流し込めば良いだけなので、特殊な器具や併用するお薬なども基本的に不要です。
バリフは即効性と持続力に優れたED治療薬になります。
その上、お買い得なジェネリックなのでランニング・コストがとても安いです。

1回分がおよそ150円程度になるため、ほとんどお財布に痛みがありません。
ペットボトル飲料と殆ど同額であり、既存のED治療薬のように、性行為1回分のコストが1000円超えになる心配は無く、毎回手軽に服用出来ます。
バリフは動悸や筋肉痛といった副作用が生じる確率も低めで、初めてED治療薬を利用される方々にも推奨されています。
また、先発薬であるレビトラとバリフの間に、医薬品としての勝ち負けはないので、価格面で比較し、お得な方をチョイスすれば良いでしょう