レビトラと同じ効果を得るならバリフ

レビトラは有用成分バルデナフィルを使用したED治療薬です。
陰茎の海綿体に働きかけて血流を促進することで勃起を促します。
ただ、性的刺激を与えることで作用するため、服薬すれば自然に勃起するというものではありません。
成分効果が持続している間でも射精してしまえば、勃起を抑える成分が体内から分泌されて勃起は収まります。

興奮剤の類ではない、れっきとした医薬品ですので用法用量・注意事項を守って服薬してください。
有用成分であるバルデナフィルの特徴としては、水に溶けやすい性質を持っているので即効性があるという点でしょう。
発現の時間が遅いと性行為を始めるタイミングに困ってしまいます。
場合によってはパートナーの協力がなくては服薬できないなんてことにもなるため、ED治療薬を服薬しているということを隠したい人にとってはストレスですよね。
レビトラは食前の服用なら早くて15分、食後の服用でも30分~1時間を目安に発現するとされています。

食事の影響に関係なく服薬できるので、タイミングを選ばずスムーズに性行為に移ることができるでしょう。
最近はEDからセックスレスになる夫婦が増加しています。
結婚関係というのは、どのような状態でも続けることはできますが、それでもセックスありきの夫婦とセックスなしの夫婦では愛情も変わってきてしまうものです。
EDは男性にとっては威厳に関わることなので内緒にしておきたいですが、妻が不満に思う前にED治療薬で改善できるいい時代になりました。
一人で悩む前に活用してみましょう。
ただし、レビトラは1錠あたりの価格が高いというのがネックで、継続的に利用するには経済的な負担が大きすぎます。
そこでレビトラの代わりに利用されているのがバリフです。

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。
有用成分はレビトラと同じバルデナフィルですので、基本的な効果は同じものが得られるでしょう。
また、用法用量・注意事項も基本はレビトラと同じです。
1日1錠の服用、次回の服用には24時間以上あけないといけません。
これはED治療薬全般に言えることですが、副作用としては頭痛とほてりが多く見られます。
一般的な症状ですので、強く作用が出ない限りは気にすることもないでしょう。
効果が切れてくれば副作用も収まります。

また、血管拡張作用を持つため循環器官に異常がある方の服用は禁止、さらに併用してはいけない医薬品もあるため注意しなくてはなりません。
購入はインターネットから可能ですが、身体的に不安がある方は医師の診察を受けてから服用を決めたほうがいいでしょう。
レビトラの服薬ができる人ならバリフも服薬可能といえます。
さて、気になる薬価ですが、1錠あたり150円前後で購入できるので継続的に服薬しても経済負担を感じることはありません。

レビトラの価格と比較すると半額~7分の1程度の価格で入手できるのでかなりお得ですね。
レビトラの効果を安く感じたいという方にはバリフはおすすめです。

Comments are closed.

Post Navigation